• ¥ 2,000
  • 毎年、8/15.16は曝涼として江戸後期の画家 原在中の観音三十三身図を一般公開しています。その時に限定授与する御朱印と観音札となります。こちらは水墨画にmisuzu氏を迎えた画と字の見開き朱印となっています。数に限りがございますのでご注意ください。当日お寺でも種所いたしますが、こちらにて先行受付を行います。また下記、観音札の説明です。 観音経には観音菩薩が三十三の姿に応身して私たちを救う様子が書かれています。その一節である「雲雷鼓掣電 降雹澍大雨 念彼観音力 応時得消散」 (うんらいくせいでん ごうばくじゅだいう ねんぴかんのんりき おうじとくしょうさん) こちらは観音様の力を念ずれば時に応じてこれらの災厄が消散する とあります。令和三年度の今年は例年より早く梅雨に入りました。毎年のように起こる災害、大雨などの水害。観音様とは自身をふくめ私たち人間の本来の心のことです。ひとりではない。災害を乗り切るために私たちが出来ることはなんでしょうか?過信をせず人のことを考え助け合う姿勢なのではないでしょうか?私たちは当たり前のことと感謝をわすれがちですいつも気を引き締め何かあった時はお互い力を合わせて助け合う。それをこのお札はいつも気づかせてくれます。 こちらは曝涼限定のものとなります。発送は8/15に発送となります。

  • ¥ 1,000
  • 令和4年度当寺の開山堂の修繕工事にかかります。こちらは長年の風雨で屋根の檜皮の損傷が激しく修繕を必要としています。こちらの開山堂には大応国師がまつられています。鎌倉時代、現在の酬恩庵の前身である妙勝寺がございました。大応国師、南浦紹明が開山となり建てられた修行道場として多くの修行僧を抱え大いに隆盛を誇ったと言われています。しかしその後荒廃、荒れ寺となっていました。一休禅師は晩年こちらを再興、開山堂を建て国師の像を安置されたと言われています。今現在の開山堂はその後につくられたものですがそれでも100年以上たつものです。今回チタンを使い新しい後世に伝わる開山堂に修復したいと考えています。 こちらは妙勝 そして 大応国師の師匠である虚堂和尚が 大応国師が帰国される際に送った言葉「東海の児孫 日にうたた 多し」を書いた見開きのものとなります。こちらは一緒に御守も授与となります。

  • ¥ 4,000
  • こちらは包装なしの真空パックのものが500gとなります。レストランなど飲食店の方はこちらをご利用ください。通常の包装したものに比べてお買い求めやすくなっております。お料理などに多く使用される方におススメです。

  • ¥ 1,000
  • 観音経には観音菩薩が三十三の姿に応身して私たちを救う様子が書かれています。その一節である「雲雷鼓掣電 降雹澍大雨 念彼観音力 応時得消散」 (うんらいくせいでん ごうばくじゅだいう ねんぴかんのんりき おうじとくしょうさん) こちらは観音様の力を念ずれば時に応じてこれらの災厄が消散する とあります。令和三年度の今年は例年より早く梅雨に入りました。毎年のように起こる災害、大雨などの水害。観音様とは自身をふくめ私たち人間の本来の心のことです。ひとりではない。災害を乗り切るために私たちが出来ることはなんでしょうか?過信をせず人のことを考え助け合う姿勢なのではないでしょうか?私たちは当たり前のことと感謝をわすれがちですいつも気を引き締め何かあった時はお互い力を合わせて助け合う。それをこのお札はいつも気づかせてくれます。

  • ¥ 500
  • こちらの朱印は開山堂の修繕寄付に使用します。酬恩庵の前身である妙勝寺の大応国師の御朱印となります。当寺の開山堂におまつりされているのが大応国師です。長年の風雨にさらされ修繕の必要があります。数に限りがあります。今回再秋分はこちらでのみの授与となります。

  • ¥ 1,500
  • 一休寺オリジナル手拭いです。皆様の熱いご要望にお応えしてネットのみの限定販売となります。※額はついていません

  • ¥ 900
  • 一休禅師がその製法を伝えたといわれる一休寺納豆。京都大徳寺では大徳寺納豆として知られています。こちらは中国の豆鼓が日本に伝わったもので、愛知の八丁味噌に近い調味料です。中国では豆鼓は麻婆豆腐などに使われる一般的な調味料です。お味噌やお醤油のように大豆を麹菌で発酵させた発酵食品です。クリックポストにて郵送。納豆だけを希望の方専用です。

  • ¥ 1,500
  • こちらは一休寺納豆をよりお料理につかいやすく粉末状にしたものです。そのままふりかけとしてご飯のおともに。またマヨネーズに少し加えたりとソースのアクセントにお使いいただけます。

  • ¥ 5,000
  • こちらは直筆のお手紙を添えた禅語墨蹟の色紙となります。今悩んでいることお話ししたいことなどを購入時に備考欄にお書きください。それについてのピッタリな禅語の言葉を書いた色紙そしてそれにお答えするお手紙をお送りします。どんな些細なお悩みでも結構です。特に記載がない時はこちらで禅語を選びます。

  • ¥ 1,000
  • mogaの一休さん絵馬。こちらと返信用の封筒をお送りいたします。あなたの今年一年の善きことを書いて返信ください。絵馬は奉納所に奉納させていただきます。また奉納いただいたお写真とお寺からのお手紙をお送りいたします。 この困難を一緒に乗り越えましょう