開山堂見開き朱印「妙勝 東海児孫日転多」 | 一休寺売店

1/3

開山堂見開き朱印「妙勝 東海児孫日転多」

¥1,000 税込

別途送料がかかります。送料を確認する

令和4年度当寺の開山堂の修繕工事にかかります。こちらは長年の風雨で屋根の檜皮の損傷が激しく修繕を必要としています。こちらの開山堂には大応国師がまつられています。鎌倉時代、現在の酬恩庵の前身である妙勝寺がございました。大応国師、南浦紹明が開山となり建てられた修行道場として多くの修行僧を抱え大いに隆盛を誇ったと言われています。しかしその後荒廃、荒れ寺となっていました。一休禅師は晩年こちらを再興、開山堂を建て国師の像を安置されたと言われています。今現在の開山堂はその後につくられたものですがそれでも100年以上たつものです。今回チタンを使い新しい後世に伝わる開山堂に修復したいと考えています。

こちらは妙勝 そして 大応国師の師匠である虚堂和尚が 大応国師が帰国される際に送った言葉「東海の児孫 日にうたた 多し」を書いた見開きのものとなります。こちらは一緒に御守も授与となります。

商品をアプリでお気に入り
  • レビュー

    (35)

  • 送料・配送方法について

  • お支払い方法について

¥1,000 税込

最近チェックした商品
    その他の商品